<<<=== 日本酒情報 ===>>>
 TOP
 最新情報
 村井醸造
 商品紹介
 購入に関して
 買い物
 日本酒情報
 醸造工程
 真壁町情報
 ますだ酒店
 アクセス
 Q&A
 リンク
 お問合せ
世界各国多種多様。お酒は色々な種類があります!その中でも我々日本人には馴染み深い日本酒。昔から伝わる伝統の造り方そのままに現在でも造られている日本を代表するお酒です。少しでも興味がわいてきましたら、このページを覗いてみてください♪


日本酒を呑む時や、購入する時に耳にする『大吟醸』・『純米酒』・『普通酒』などなど・・・。
「これらには一体どういった違いがあるのか?」そう思われる方も少なくないと思います。そんな場合に簡単な区分けとして使えるのがしたの表です。日本酒は蔵によって全く味の違うお酒が醸されていますし、一つの蔵の中でも何種類もの日本酒が造られています。
日本酒を嫌がる方の理由として「香り」がありますが、精米歩合(お米の研磨率)の違いによってフルーティでスッキリとした日本酒もあります。この違いがわかって頂ければ、より日本酒を楽しんでいただくことができると思います。また、初めて日本酒を呑まれる方でも違いが理解できると思います。

≪特定名称酒≫
特定名称 使用原料 精米歩合 香味等の要件
大吟醸 純米大吟醸 米・米麹
50%以下 杜氏の力量が問われる酒で「清酒の華」と呼ばれている。スッキリとした飲みやすさ。
大吟醸 米・米麹
醸造アルコール
50%以下 吟醸酒の中でも色沢、香り、味わいが特に良い。
吟醸 純米吟醸酒 米・米麹
60%以下 喉越しのいい、香り高い酒。吟醸造り。
吟醸酒 米・米麹
醸造アルコール
60%以下 果実などのフルーティーな香り。なめらかで冷で飲むのに適する。
純米 特別純米酒 米・米麹
60%以下
又は特別な製造方法
コクと酸味が強い。
純米酒 米・米麹
70%以下 コクと酸味が強いのが特徴。濃厚ないかにも日本酒らしい味わいがある。
本醸造 特別本醸造酒 米・米麹
醸造アルコール
60%以下
又は特別な製造方法
高精白米になるほど値段や味に差が生じてくる。
本醸造酒 米・米麹
醸造アルコール
70%以下 添加する醸造用アルコールは95度のアルコールで白米重量の10%以下。「本仕込み」または「本造り」ともいう。


精米歩合について

酒造りにおいての「精米歩合」とは、酒質の高さのものさしとなる。
一般に食される米の精米歩合は概ね92%程度である。玄米の胚芽や表層部に多く含まれるたんぱく質、脂肪、ミネラル、ビタミンなどの栄養素は、麹カビや酵母の育成バランスを崩す原因となると同時に、酒の呑み味や色調を劣化させる原因となる。その為、あらかじめこれら有害成分を含む表層部を削り取っておく必要がある。


精米歩合(%)=出来上がり白米重÷投入玄米重量×10


上の写真は山田錦35%(精米歩合)です。
精米歩合35%とは1000kgの米の内、日本酒を造る為に350kgしか使わないということです。大吟醸のような精米歩合の高いお酒の値段が高くなってしまう理由もこのことで理解できると思います。


吟醸酒について

日本において吟醸酒と呼ばれる酒が登場したのは大正末頃のことです。この酒が登場した時代背景として、二つのことが取り上げられます。

@ 精米機の発達
A 品評会の開催

@について
江戸時代後期以来、精米作業は水力による「水車精米」によりおこなわれていた。しかし、大正時代に入り電気の普及。大正末頃には電力による「精米機」に」変わっていった為である。そして昭和に入り、より効率の良い精米機の登場により更なる進展を見せることとなった。

Aについて
「全国清酒品評会」「全国新酒鑑評会」などの開催による全国の酒造りによる競い合いによって誕生した。原料米の精米歩合を高める程良質の酒が造られ、当然評価も高い為出品される酒は吟醸酒に集中していった。ただし、吟醸酒とは造られ始めた当時、一般に出回る酒としてではなく、品評会用に作られた酒であった。



Copyright (C) 2002-2005 masuda All Rights Reserved