<<<=== 筑波山麓の蔵の街 桜川市 真壁町の紹介です ===>>>
 TOP
 最新情報
 村井醸造
 商品紹介
 購入に関して
 買い物
 日本酒情報
 醸造工程
 真壁町情報
 ますだ酒店
 アクセス
 Q&A
 リンク
 お問合せ
  桜川市 真壁町 情報

近年桜川市真壁町地区は「陣屋町真壁の歴史的街並み」として各種方面にも注目され始め、知名度も上がってきております。
白壁の残る街として歴史を感じる街が残っていることは素晴らしいことだと思います。お時間のある時には是非とも一度足をお運び下さい。心よりお待ちしております。

ここでは真壁に関する情報を中心に紹介していきたいと思います。


真壁は筑波山の麓に広がる地域なので、散策して歩きながら見える筑波山が歴史の街を引き立ててくれます。
筑波山は四季の移り変わりの非常に美しい山として有名です。四季折々にみせる顔は必ず記憶に残ると思います。

昔から関東の名山として、西の富士、東の筑波と称されていました。朝夕にその色を変えるところから「紫峰」などとも称されています。男体山・女体山の双峰からなる筑波山は標高こそ877メートルですが、関東一円を展望することができ、山頂からは関東平野の雄大なパノラマを直に感じることが出来ます。筑波山は古くは万葉集などで歌をよまれていました。以前何かのテレビ番組でも紹介していたので少しは知っていたのですが、インターネットや本で少し調べてみると結構な数の歌がよまれているようです。


さて、遅くなってしまいましたが、真壁町に関しての情報です。

真壁は茨城県の県西部に位置し、紫峰・筑波山の麓に広がる自然豊かな土地です。近年は「蔵の街」として名前が知られてきているように、歴史を感じられる落ち着いた
町並が現存しております。
真壁は古来より城下町として発展した街で、時代に流されること無く町並みの残っていった為、他の土地より真壁を初めて訪れる方々からは町並みに関してとても好意的に感じて頂いております。

ちなみに、登録有形文化財の総数は100箇所を超え旧町村時代では全国第一位。市になった現在でも全国第三位ですので、住民ながらビックリです。

下の写真は谷田部家から見た筑波山を撮影した写真です。
自分は散歩しながらデジカメで撮影する程度ですが、写真撮影好きな方には魅力的な街なのではないでしょうか?現在は休日になると絵を描きにこられる方が増えてきていますし、沢山の人に知って欲しい街ですね♪


Copyright (C) 2002-2005 masuda All Rights Reserved